やっぱり気になる顔のシミの原因について、細かくまとめました

今回は、顔のシミの原因やシミの種類についてお話していきたいと思います。

メイクを落とした顔にふとできている顔のシミ。
一体主な原因は何なのでしょうか。そして、シミにはどんな種類があるのでしょうか。

シミが起きる外的要因の大きな一つとして、紫外線が挙げられます。
肌が紫外線を浴び、皮膚細胞の核がダメージを受けると、そのダメージを防ごうと「メラニン」という色素を生成します。
このメラニンを生成する命令を出しているところを「メラノサイト」と言います。
肌の新陳代謝がきちんと整っている状態であれば、生成されたメラニンは汗や老廃物と一緒に体外に排出されます。
ところが新陳代謝がうまくいっていないと、うまく体外に排出されず、メラニンが沈着して残ってしまう事があります。
さらに肌が紫外線でダメージを受け続けると、メラノサイトから「もっともっとメラニンを出して肌をガードしましょう」という命令が沢山出てしまいます。
すると、本来必要ではない量までメラニンが過剰に生成されてしまい、排出が追い付かなくなり、メラニン色素が沈着してしまって、顔のシミの原因となります。

摩擦の刺激による顔のシミにも気を配る必要があります。
肌は思っているよりもずっとデリケートなものです。
メイク落としでごしごしと無防備な肌をこすりすぎたり、剃刀を不用意に当てたりして肌が刺激を受けると、角質が厚くなります。
その厚くなった角質は、シミやイボのできやすい部分になります。
肌には優しく、出来るだけ刺激の少ないように気を配りましょう。

紫外線が影響で出来るシミは「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」や「雀斑(そばかす)」などがあります。
雀斑(そばかす)は遺伝的な要素も含まれますが、紫外線には十分注意しましょう。
他に考えられる外的要因としては、肌の加齢や老化などが挙げられます。

また、妊娠、ピル(経口避妊薬)の服用などが原因のシミもあります。「肝斑(かんぱん)」と言います。
妊娠中に顔のシミがとても増えた方などは、女性ホルモンの減少が原因かもしれません。

生まれつき顔にあざやシミがあることもあります。
「遅発性両側性太田母斑(ちはつせいりょうがわせいおおたぼはん)」だいたいは「太田母斑(おおたぼはん)」と言います。
顔や目の周り、頬などに、左右対称に出来ていることが特徴です。大きさも大小さまざま、色合いはアザのような色からくすんだ褐色まで、さまざまです。

食事のバランスが悪かったり、ストレス、睡眠不足などが原因でシミができることもあります。
体と同じように、肌も健康でないと、色合いがくすんだり、血流が悪くなったりします。
それを放っておくと新陳代謝が上手にできなくなり、顔のシミやイボの原因になったりします。
お風呂上がりなどにマッサージをしたり、美白成分が配合された化粧品などを使用して、メラニンを外に排出する手助けをしたり、新陳代謝が活発な状態を保つようにしましょう。

顔のシミの原因、シミの種類についてお話しましたが、いかがでしょうか。
外から肌を労わることも大切ですが、内側から肌の健康に気を配ることも大切ですので、心がけて下さいね。

SNSでもご購読できます。