食べ物から顔のシミを予防しましょう、簡単なレシピ付きです。

今回は、顔のシミに効果があると言われている食べ物についてまとめていきますね。

食べ物についてお話する前に、顔のシミが起きるメカニズムと、体内のメカニズムについていくつかお話させて下さい。
シミが出来る大きな原因として紫外線によるメラニンの沈着がある、というのはもう何回かお話しましたね。
このメラニンを生成することを抑えることが、顔のシミ対策の大事なポイントです。
その他にも新陳代謝を活発にすることや、抗酸化作用の高い食べ物を摂ることがポイントです。
抗酸化作用というのは、簡単に説明すると、「活性酸素を抑える働き」のことです。
私たちは酸素をとりいれて生活しています。酸素は体のすべてのエネルギーの根源です。
酸素を体内に取り入れ、エネルギーに変換して使っていく過程の中で、酸化作用が強い「活性酸素」というものに変化してしまう事があります。
この活性酸素が増えすぎると、血流が悪くなってしまって生活習慣病の原因となることがあります。
もちろん、顔のシミにもとてもよくないものです。
この活性酸素を抑える働きを、「抗酸化作用」と言います。

では、顔のシミに良い食べ物や、抗酸化作用の高い食べ物の紹介をしていきたいと思います。
簡単なレシピもつけてありますので、ぜひ食べ物同士組み合わせて楽しんでくださいね。

レモン、ライム、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類は「ビタミンC」が豊富に含まれています。
ビタミンCはメラニンの生成を抑制する働きがあります。
ただ大量に摂取することは控えてください、お腹を下すことがあります。
コラーゲンの生成にもビタミンCは必要不可欠です。

ベリー系の果物、ラズベリーやクルミ、ザクロやクコなどは「エラグ酸」が含まれています。
ポリフェノールの一種で、メラニンの生成を抑制する働きがあると言われています。

トマトや柿などには抗酸化作用が高い「リコピン」が沢山含まれています。
中でもケチャップにはリコピンが多く含まれていますので、ぜひ料理のアクセントとして使ってみて下さい。

「アスタキサンチン」も抗酸化作用が高い事で知られています。
アスタキサンチンは、赤い魚類に多く含まれています。鮭、いくらや金目鯛などです。

新陳代謝を促進させるといわれている「ビタミンB2」も欠かせません。
ビタミンB2は水溶性で、体内で作ったり溜めておくことができない成分です。食べたら排出されてしまうので、定期的に摂取するのが良いと思います。
豚、鶏、牛レバーや海苔などに多く含まれていますよ。

顔のシミ対策の食べ物レシピですが、簡単なものですが、トマトと鳥胸肉の炒め物、煮物はいかがでしょう。
豚肉の赤味を柑橘類の薄切りと塩コショウでジップロックに付け込んで焼いたものも、あっさりしていて簡単で美味しいです。
ベリーなどは冷凍のものをヨーグルトにちょんと乗せるだけでもおいしく、彩りも良くなります。

顔のシミ予防に効果のある食べ物についてお話しましたが、いかがでしょうか。
どれも組み合わせのしやすい食材ばかりだと思います、ぜひ楽しく美味しくシミ予防して下さいね。

SNSでもご購読できます。