妊娠中に急に顔がシミだらけに…でも大丈夫、心配いりません。

妊娠中に突然増えてしまった顔のシミにお悩みの方はいらっしゃいませんか?その顔のシミについて詳しくお話していきますね。

そのシミは、肝斑(かんぱん)かもしれません。
肝斑が出来る原因は、妊娠やピル(経口避妊薬)の使用によって、女性ホルモンが減少したり、また増えたりすることによって出来やすいシミなのです。
特徴は左右対称に出来ることです。他のシミと比べて、シミ対策をとっても治りにくいものです。
ですがこれは一過性のものです。妊娠中から出産を経て、やがて女性ホルモンが安定した状態になれば、シミは止まります。

ストレスから肝斑が悪化することも大いにあります。
妊娠中はストレスがたまりやすいものですし、シミが出来てしまってどうしたらいいの、という不安からさらにストレスがたまり、ストレスの悪循環に陥ってシミが増えることも多々あります。
まずは、妊娠中はシミができても仕方がないものだと心を落ち着かせて下さい。

でもどうしてもこの顔のシミを取りたい!とお悩みの方は、皮膚科へ診察に行かれることをおすすめします。
飲み薬であれば、トラネキサム酸を配合されたお薬が肝斑に有効だそうです。

肝斑にだけ特別高い効果を発揮するレーザーもあります。
痛みがほとんどなく、人気のレーザーだそうです。

ただレーザー治療の場合、複数回の診療が必要になる場合が多いですので、通いやすい病院を選んでください。
そしてレーザー治療は保険範囲の適用外となることがほとんどですので、事前に医師とよく話し合いましょう。
話し合うポイントは、「治療の期間」「治療の料金」「どの程度顔のシミが奇麗になるか」だと思います。
またその際妊娠中であることもきちんと話し、産婦人科の先生にも相談してみると良いでしょう。
よく相談し、話し合ってお互い納得してから治療を開始しましょう。

市販の薬では、第一三共ヘルスケアから発売されている飲み薬「トランシーノⅡ」が効果的なようです。
ただこちらもあくまで市販薬ですので、薬剤師さんに妊娠中であることを相談し、医師ともよく相談のうえ服用してください。

肝斑だけでなく、すべての顔のシミに共通している原因は、肌の老化、加齢、摩擦があります。
肝斑にはすぐに効果が見られないかもしれませんが、まずは食生活を改善し、体に良く、色素を体外に排出する効果のある食べ物を多く摂りましょう。
妊娠中は気をつけなければならない食べ物もあります、たとえば肌にはいいですが、赤身のマグロや金目鯛などはお腹の赤ちゃんにとっては危険なメチル水銀が含まれています。
お腹に赤ちゃんができたら、一度栄養士さんなどに相談してみるのもいいですよ。
それから出来る範囲で、リラックスしながら肌のケアをして、新陳代謝の良い状態を保つよう、心身共にリラックスした状態を作りましょう。

妊娠中に増える顔のシミについてお話しましたが、いかがでしょうか。お悩みの助けになれば嬉しいです。

SNSでもご購読できます。