通販、ドラッグストアの市販薬で顔のシミをセルフケアしましょう。

今回は、顔のシミに効果的な市販薬をご紹介していきます。

どれも身近なドラッグストアや通販で購入できるものばかりです。
病院に行くにはちょっと…という方には、ぜひおすすめです。

まずは「ケシミン」です。小林製薬さんから発売されている市販薬です。
その名の通り顔のシミを消すために作られた製品です。
ビタミンC誘導体が角質にしっかり浸透し、メラニン色素の生成を抑える働きがあるそうです。
ビタミンEも配合されていて、血流を良くする効果が期待できます。
就寝前に塗ってお休みになるのがおすすめの使用法だそうです。

それからこれは顔のシミのお薬ではないのですが、個人的にお勧めな市販薬なので載せておきます。
同じく小林製薬さんから発売されている「アットノン」です。
これはもともとは火傷や傷のあとを目立たなくする薬なのですが、ニキビの跡に塗ることを続けることで目立たなくなる事があります。
刺激のあるツンとした成分は含まれておらず、やわらかいジェルの塗り薬です。
用法と用量を守り、デリケートな顔に塗りますので、きちんと洗顔して化粧水などでケアしてから寝る前に付けると良いと思います。

飲み薬の「チョコラBBルーセントC」もおすすめです。エーザイさんから販売されています。
ビタミンCが600mg、L-システインが240㎎配合されています。
メラニン色素の排出を促し、無色化させる働きが期待できるそうです。
特別な成分は配合されていないと思いますが、念のため、妊娠中の方は購入の際、薬剤師さんにご相談下さいね。

エスエス製薬さんから発売されている「ハイチオールCプラス」という市販薬もいいですよ。
L-システインが配合されていて、新陳代謝を活発にしてメラニン色素を排出する効果があります。
こちらもメラニン色素を無色化させる働きが期待できます。

第一三共ヘルスケアさんから販売されている「トランシーノⅡ」もお勧めの市販薬です。
こちらは顔のシミの中でも治りにくいとされている、肝斑に効果が期待できます。
肝斑に唯一効果的だとされているトラネキサム酸、新陳代謝を促すL-システインが配合されています。
肝斑による顔のシミに効果が期待できる飲み薬だと思います。

次にご紹介するのは塗り薬です。
こちらはドラッグストアではなく、個人輸入の商品です。楽天などの通販でお買い求めいただける商品です。
ジョンソン・エンド・ジョンソンさんから発売されている「レチンAクリーム0.05%」です。
主な成分は「トレチノイン」と言って、肌のターンオーバー、新陳代謝を促進する効果があります。
色素沈着による顔のシミ全般に効果があるそうです。
トレチノインという成分は肌の新陳代謝を高める効果が高く、古い角質を落として皮膚を再生させる効果が期待できます。

さまざまな顔シミに効果のある市販薬をご紹介しましたが、いかがでしょうか。
最後に、お薬は飲めばすぐ効果があるものではありません。ゆっくり飲み続け、用法用量を守り、自己判断は避けて正しくお使い下さいね。

SNSでもご購読できます。