30代で増える顔のシミ、その原因は意外な所にあるかもしれません。

30代を超えてから、顔のシミが目立つようになったという方へお勧めの記事です。

顔のシミができるメカニズムについてはもう十分お話したかと思いますが、今一度まとめておきます。
シミができる原因はいくつか分類すると、紫外線、加齢、摩擦などが挙げられます。

ひとつは日光を浴びて肌がダメージを受け、メラニンという色素が体内で生成され、うまく排出されずに色素沈着を起こしてしまうことです。
加齢、といっても肌の加齢で、新陳代謝がうまくいかず、メラニンが上手に体外に排出できなかったり、過剰に生成されることです。
メイク落としでゴシゴシとこすったり、肌に負担をかけることで摩擦が生じ、角質が厚くなってしまったりニキビ跡が残ったりして、シミになることもあります。

30代から出来るシミの多くは、やはりこの3つの原因でもあるかと思いますが、もう一つあります。

肝斑(かんぱん)と呼ばれる顔のシミです。
これは妊娠やピル(経口避妊薬)の使用や、更年期などで女性ホルモンが減少したり、または増えたりと変動することで出来るシミです。
こちらはやはり30代以上の方に多く見られるシミです。
顔のシミの中でも、頬や額、鼻の下などに出来ます。雀斑(そばかす)のように沢山出来ることもあります。
妊娠中の女性ホルモンの変動は自分ではどうすることもできませんので、まずは健康な赤ちゃんを出産することに専念してください。
それでもやはりシミは気になるものですので、リラックスタイムとして、マッサージやお肌のケアをされることが、よりストレスなく顔のシミのケアが出来るコツかと思います。
ピルを服用されている方は、処方してもらっている医師に相談してみて下さい。

特にそれに思い当たらないな、という方は、やはり紫外線や肌の加齢が原因だと思います。
紫外線を浴びたらすぐに次の日にシミができるわけではありません。
一年前、二年前の紫外線によるダメージが積み重なって、シミとなって現在の肌に現れます。30代のシミは数年前のダメージかもしれません。
過去にさかのぼることはできないので、出来てしまってからの顔のシミ対策が重要となります。
30代になるとどうしても10代の頃よりは、肌の力が少し落ちています。
より入念に美白、顔のシミ対策化粧品を厳選してケアに力を入れる事が必要になってくるかと思います。

まずは、ダメージを受けている状態にある肌の回復に努めましょう。
食生活を改善したり、ストレスをためないようにしたり、睡眠をしっかりとることも忘れないでくださいね。
肌の新陳代謝が活発な状態を取り戻せば、ハリやツヤも戻ってきますし、シミの出来る原因のメラニン色素の排出を促す効果もあります。
化粧水でパックして肌の水分をチャージして、保湿クリームで肌の潤いをしっかりと閉じ込めてください。
パックの際も摩擦は厳禁です。こすらないよう、パッティングは控えめにして下さい。
たっぷりと化粧水を含ませたコットンを乗せて、仕上げに手のひらで優しくおさえこむだけで十分です。

いかがでしょうか。30代の方の顔のシミ対策のお力になれればと思います。

SNSでもご購読できます。