今日から誰でも出来る!顔のシミを予防する方法、3つのまとめ

どなたでもすぐに始められる、気になる顔のシミの予防の仕方についてお話していきます。

顔のシミの外的な要因は、紫外線によるダメージ、摩擦、肌の加齢などに分類することが出来ます。

まずは紫外線による肌のダメージを防ぎ、メラニンの生成、メラニンの肌への沈着を予防しましょう。
紫外線は夏だけのもの、と思いがちかもしれませんが、春や梅雨の紫外線もかなりの量になります。
曇っていたり雨だから大丈夫、というのはとても危険です。
春、梅雨、夏などは紫外線の量がとても多いですので、SPF数値の少し高いものを選びましょう。
SPFというのは、Sun Protection Factorの略称で、紫外線の防御指数のことを指すそうです。
高ければ高いほど防御指数は上がりますが、その分洗顔やお手入れも入念にしていきましょう。
日焼け止めを付けることで顔のシミの予防率はぐんとあがります。忘れずに付けて下さい。

紫外線を防ぐためにはまず強い日光に長時間当たらない事が一番いいのですが、なかなかそうもいきません。
お出かけになる時には日焼け止めのほかに、サンバイザーやサングラスなども活用しましょう。
ビーチではもちろん、オープンカフェなどでも、パラソルのある席を選ぶようにして下さい。
顔のシミだけでなく、首元に薄いケープをまいたり、腕にアームカバーを付けるのも、予防としてとてもいいですよ。

摩擦による肌の刺激を防ぎ、ニキビ跡などが残ってしまう顔のシミにも十分注意が必要です。
ニキビができたら触らないことです。専用の薬を使うのが一番いいですが、ビタミンをしっかり摂り、表面が白くなっているようなら、つぶさないように気をつけて下さい。
ニキビはつぶして、芯の白いところを出さないとダメ、なんていう民間療法は、とても危険です。
そこから雑菌が入って化膿して悪化したり、さらにどんどん増殖していくかもしれません。
ニキビは触らないことを鉄則としてください。そして、肌を清潔に保ち、栄養をしっかり摂ってよく眠りましょう。

カミソリなどを何の下準備の出来ていない肌にあてるのもとても危険です。
摩擦の大きな原因になりますし、それで細かい傷が肌についてしまう可能性もあります。
肌は優しく、丁寧にさわってください。摩擦にしっかり気を配ることで、顔のシミも予防できますよ。

肌の加齢についてですが、新陳代謝を活発な状態に保っておくことが大切です。
マッサージや化粧水などでのケアはもちろんですが、体の内側からもケアすることを忘れずに、ストレスをためない健康的な生活を送るようにしましょう。
食生活にも気を配ることで肌のくすみ、シミやシワが改善されたというお話もよく聞きます。
外からアプローチすることも大切ですが、日頃の生活を見直して、しっかりと顔のシミを予防していきましょう。

顔のシミの予防方法についてお話しましたが、いかがでしょうか。
無理のない範囲で、楽しくゆっくりとシミを予防していきましょう。

SNSでもご購読できます。